「洗顔」を省くだけのどなたでも出来るエイジングケア

「洗顔」を省くだけのどなたでも出来るエイジングケア
スキンケア

私がここしばらく続けているエイジングケアは、「洗顔」を省くことです。
もともと30歳を過ぎた頃から、お肌の衰えを感じており、それをどうにかしなければと思い始めていました。

普段の生活の中で、気付いたことを改善していこうと思ったのですが、
その中で洗顔をした後に、どうしてもお肌の乾燥を感じるのが気になりました。

秘訣は足し算じゃなくて引き算!

洗い上がりのお肌でも、乾燥を感じないという商品をいくつか試してきたのですが、
それほど酷い乾燥はなかったものの、やはり若干の乾燥は感じていました。

そこで、これは洗顔を思い切って省いてみようと思い立ったのが、きっかけです。

調度そのタイミングで、「拭き取り化粧水」とも出会うことが出来ました。
拭き取り化粧水は、今となっては知らない方はいないと言っていいほど主流になりましたが、
出会った時は、それほどあまり知られていなかったように感じます。

化粧水をコットンに取り、古い角質などを拭き取り、洗顔をするものです。

こちらの洗顔方法ですと、お肌の乾燥を感じることなく、
古い角質などを取り除くことが出来ますので、しばらく試してみようと思いました。

お肌は強い摩擦を感じることでも、お肌のコンディションが悪くなっていきますので、
ヒタヒタにコットンに化粧水を取り、優しく拭き取っていくのが大切です。

このエイジングケアで乾燥知らずのお肌になりました

この洗顔方法が割と良かったですので、今度は夜の洗顔方法も気を付けるようになりました。

クレンジングはクレンジングでも、W洗顔不要のクレンジングを使い、
それを馴染ませた後に、クレンジングシートでメイク汚れを拭き取っていくというものです。

クレンジングシートも、メイク落としから洗顔・化粧水までしてくれる
便利なクレンジングシートがありますので、それを使って優しく拭き取っていきます。

このようなエイジングケア法を続けて、おそらく4,5年くらい経つと思うのですが、
同じ年頃の方と比べると、それほど肌トラブルはないように感じます。

目元の乾燥もほぼなくなりましたし、何よりメイクの乗りが良くなりました。
お肌に艶が出ますので、メイクの仕上げにお粉でその艶を抑えているくらいです。

また、初対面の方に年齢を伝えると、必ずと言っていいほど驚かれます。

これらが、お水での「洗顔」を省くという洗顔方法によるものかどうかは、正直言ってわからないのですが、
このエイジングケアを始めてからは、一日の中でお肌の乾燥を感じることはなくなりました。

以前にどこかで、お肌は乾燥をさせないことが大切だということを知ったので、
少なからず今の乾燥知らずのお肌を保てているのは、このエイジングケアのおかげかなと思っています。

このエイジングケアは、毎日コットンやクレンジングシートなどで、
お肌に少なからず負担をかけてしまっているかもしれませんが、
それ以上に、得られるものが多いですので、このまましばらくは続けていこうかなと思っております。

Yufuko

68,826 views

ついにやってきた40代。  年々ハリを失っていくお肌の調子を整えるべくエイジングケアに邁進中。 好きなものはおいしいご飯とお散歩。 読んだ人も一緒にきれいに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT