クロエの新フレグランス!フルール・ド・パルファム

クロエの新フレグランス!フルール・ド・パルファム
フレグランス

柔らかな女性らしい香りとして古くから人気なのは、クロエのフレグランスです。

石鹸の香りがするというクチコミで広まり、
若い女性を中心に愛用されているのが、クロエ オードパルファムでした。

クロエ オードパルファムは嫌味がなく、男性にも女性にも好まれる香りです。
しかし、あまりに人気が出過ぎて、人と被りやすいという難点もありました。

すれ違う人がクロエ オードパルファムをつけていると、
「あ、クロエだ!」とすぐにわかるほど、その香りは印象に残るものです。

人と違うものを纏いたいという方は、クロエを避ける傾向にあるでしょう。
そんな中、クロエから新作フレグランスが登場しました。
新作とはいっても、発売は2016年7月6日です。

フレグランスは頻繁に新作を出さないので、
新たなものが発売されるとフレグランス好きにはたまらない情報でしょうね。

クロエ フルール・ド・パルファムです。クロエの柔らかな香りをそのまま残し、
フローラル系を強調したフレッシュさを持つフレグランスになっています。

今回は、クロエ フルール・ド・パルファムをご紹介します。

クロエ フルール・ド・パルファムってどんな香り?

クロエのサイトから抜粋して、フルール・ド・パルファムをご説明します。

「自由・現代性・女性らしさ」をコンセプトに、気品溢れるローズの香りをプラス。
「芳醇で柔らかな香りを生み出す花蕊(かずい)だけで作られたブーケ」

ローズの香りとありますが、甘ったるい感じはしないので、
暑い時期でも爽やかに纏うことができます。

石鹸ベースで軽く、内側からそっとフローラルが香るような感じです。

パルファムというのはフレグランスの中でも持続時間が長いことで知られていますが、
ほかのブランドよりつけ心地が軽いせいか、夕方まで持続するという感覚はありませんでした。

昼にワンプッシュつけ直しをするくらいなら、嫌味なく使えると思います。
女性っぽさがあってエレガントで、穏やかな艶美を演出してくれるでしょう。

クロエのフレグランスはボトルも可愛らしい!

フレグランスのボトルに注目したことはありますか?

実は、コレクターがいるほど、
フレグランスのボトルというのは人気があるものなんです。

空きボトルを集めて飾っておくのも、すごく楽しいと感じる方がいます。

クロエのフレグランスシリーズは、
ボトルの上部にリボンが巻きつけてある可愛らしいデザイン。

種類によってリボンのカラーが違うので、クロエ大好きな人は集めたくなってしまいますよね。
私もお部屋のオブジェとして、フルール・ド・パルファムの小瓶を飾っています。

クロエ フルール・ド・パルファムのお値段は?

クロエ公式サイトでの販売は、30ml・50ml・75mlの3タイプ。
並行輸入品だと20mlボトルなども販売されています。

ちなみに、私が持っているのは20mlボトルです。
私もお部屋のオブジェとして、 フルール・ド・パルファムの小瓶を飾っています。

毎日違うフレグランスを楽しみたいなら、容量が小さいものを選ぶほうがおすすめ。

フレグランスは時間の経過とともに劣化するので、
小さいボトルでフレッシュなうちに使い切るべきだからです。

お試しにもぴったり。旅行の時も小さいボトルだと便利ですよ。

お値段は、
30mlで9,180円
50mlで12,420円
75mlで15,120円 となっています。

フルール・ド・パルファムは人気が徐々に高まっているので、在庫品切れの店舗もあります。
確認してから購入しに行くと安心です。

フルール・ド・パルファムにぴったりの使い方

フレグランスなので、ボディーに纏うのがスタンダードな使い方ですが、
ハンカチにつけて持ち歩く方法もふんわり香って気分がいいですよ。

体ではなく、あえてランジェリーに吹き付けるのもおすすめ。

フレグランスは体温で香りが変わるものなので、
肌に触れない場所につけることで、同じ香りを持続させることができます。

いつもと違う付け方をしたい時に参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
女性に大人気のフレグランスブランド・クロエ。

石鹸のような柔らかな香りがベースで、
ローズの瑞々しさと気品溢れる芳香が魅力である、
クロエの新作、フルール・ド・パルファム。

クロエのフレグランスはボトルまでデザイン性に溢れていて、
持っているだけでテンションが上がってしまうほど、女性を虜にするアイテムです。
まるでブーケを抱えているかのような華やかな香りに包まれ、優しい気持ちになれるでしょう。

パルファムの中でも穏やかで、持続時間はちょっと短めに感じますが、
その分フレグランス初心者でも付けやすいと思います。

ちょっと香りを纏いたい、きつめのフレグランスは重たいなと感じる夏など、
そんな時はフルール・ド・パルファムがおすすめです。

普段スパイシーな香りを使っている方も、サブのフレグランスとして愛用しているケースもあります。
気分や体調によって変えるのも楽しいですよ。

ZUAC

739,781 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT