ムダ毛を処理した後はきちんと保湿して肌を守ろう!

ムダ毛を処理した後はきちんと保湿して肌を守ろう!
ヘア・ボディケア

ムダ毛処理は、女性にとって永遠の課題です。

ムダ毛処理の仕方は、人それぞれ違うと思いますが、
肌荒れを起こさないためにも、きちんとしたムダ毛処理の手順を覚えておくことが大切です。

私も散々ムダ毛処理でトラブルが起こり、
その都度肌荒れで醜い状態になってしまい、どうしたらいいんだろうと悩んできた一人です。

いろいろ試した結果、ムダ毛処理の手順をようやく構築したので、その方法をご紹介します。

ムダ毛処理でなぜ肌荒れが起こるのか?

ムダ毛処理の仕方は抜くという人もいれば、剃るという人もいると思います。

抜くというのは、結構肌への負担が大きいものです。

毛穴に炎症が起こりやすく、また毛穴が広がってしまい、
より脱毛部位が目立ってしまうため、剃るほうをおすすめします。

とはいえ、いきなり剃っては危険です。

肌が硬い状態でカミソリを当てると、
角質などと一緒に表面の皮膚を削ってしまい、カミソリ負けを起こしてしまいます。
ムダ毛処理で肌荒れが起こるのは、こうした無理な処理の仕方が原因なのです。

正しいムダ毛処理の仕方を覚えておこう

正しいムダ毛処理は、
肌を整える・保湿する・剃る・冷やす・保湿、この手順を守ることです。

乾燥肌の人ほど、ムダ毛処理で肌荒れを起こしやすいので、
入念に保湿をするようにしましょう。

【肌を整える】
肌は通常乾いた状態なので、
剃る前は肌を温めて皮膚を柔らかくし、肌を整えるようにしましょう。

肌を整えるだけで、カミソリの刃によるダメージを和らげることができます。
温める方法は、ホットタオルなどで剃る部分を包み込むだけでもOKです。
入浴時なら、湯船に浸かって体を温めてから始めるといいでしょう。

【保湿してから剃る】
カミソリを当てるとき、シェービングジェルやクリームなどをつける方法がおすすめです。
シェービングジェルなどがない場合は、
ボディ用保湿クリームで肌を保湿し、皮膚の表面を滑らかにしてから行いましょう。

カミソリの刃を当てる場合、肌のカーブに合わせて滑らせるようにしてください。
また、毛の流れに沿うようにし、
押し付けずに撫でるように剃るのがポイントです。

【冷やす】
カミソリの刃を当てると、少なからず肌は炎症を起こします。
そのため、炎症を抑えるために冷却を行い、肌荒れを予防することが大切です。

冷やす際は、保冷剤をタオルに包んで肌に当てる方法か、
あらかじめ冷やしておいたタオルを直接巻く方法で構いません。

この工程を省略し、肌が真っ赤に腫れてしまう、
毛穴がポツポツ目立つなどの症状が出てしまうケースがあるので、面倒がらずにやってください。

【再度保湿で肌を保護】
肌をよく冷やしたら、再度肌の保湿を行いましょう。
保湿にはクリームや乳液タイプのローションがおすすめです。
油分がしっかり入っているもののほうが、肌の水分が失われず乾燥を防ぐことができます。

ムダ毛処理後の保湿は、肌の表面の水分を蒸発させないことがポイントです。
夏場でも肌荒れは起こりますし肌荒れで痒みも感じやすくなるので、
必ず保湿を行ってください。

カミソリを使う場合の注意点は?

カミソリの刃は消耗品です。

刃が劣化するときちんと剃ることができないばかりか、肌荒れを起こす原因となります。

定期的に刃を新しいものに交換し肌へのダメージを最小限に留めましょう。

肌荒れのリスクが少ないムダ毛処理方法とは?

私の場合カミソリでムダ毛処理が定着していますが、
肌が弱い人の場合はカミソリ負けが起こりやすいものです。

カミソリが苦手という場合は、除毛クリームを使ってみてはいかがでしょうか?

除毛クリームというと、肌に強い刺激が加わるという印象がありますが、
最近では低刺激な敏感肌向けのものもあります。

皮膚の表面の毛だけを取り除くので、肌荒れのリスクが少ないのもメリットです。
ただし、肌に合うものかどうかパッチテストなどを行うと安心でしょう。

ムダ毛処理のペースはどのくらいが適切なのか?

ムダ毛はちょっと伸びると目立つため、頻繁に行うという方がいるかも知れません。
しかし、毎日カミソリを当てるなどの行為を続けていると、肌荒れはみるみる進みます。

理想的な頻度は、週1回程度です。やりすぎには十分注意してください。

まとめ

今回は、ムダ毛処理の仕方をご紹介しました。

ムダ毛処理は、意外と肌への負担が大きいため、
正しい手順に沿って進めることが大切です。

特に保湿や冷却はとても大事。

ムダ毛処理後は肌が乾燥しやすく、赤みや腫れなどの炎症が起こる場合もあります。
保湿はクリームやローションをたっぷり使い肌をきちんと整えるようにしましょう。

面倒でも手順を省かないことが、きれいな肌を維持する秘訣になります。
カミソリが苦手な方は、除毛クリームも試してみてください。

ZUAC

739,776 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT