健康維持のためにどのくらい歩けばいいのだろうか?

健康維持のためにどのくらい歩けばいいのだろうか?
運動・マッサージ

私が美容と健康のために取り入れている唯一の運動、
それがウォーキングです。

本格的にやっている人に比べれば、
まだまだ運動という域には達していないかもしれませんが、
自分なりに体調を見ながら進めています。

ウォーキングは手軽にできる有酸素運動の1つですが、
ただ歩くだけではやはり効果が出ないものです。

歩数が大事? 歩き方が大事?
距離が大事?速さが大事? と、いろんな疑問が出てきます。

やるからには、ちょっとでもコツを掴んで、
効率のいい運動がしたいなと思いませんか?

私もそのあたりがすごく気になって、
インターネットで情報収集をしています。

ウォーキングってどのくらい歩けばいいの?

よく言われるのは、有酸素運動は始めてから20分が経過しないと、
脂肪が燃焼しないということです。

20分歩くって結構大変ですよね。
目的もなく歩くわけですから、目標地点がないと時間がやけに長く感じることでしょう。

確かに、20分以上歩くことが理想ですが、無理に長時間歩こうとしなくて大丈夫です。

ウォーキングに時間を取ることが難しい場合もありますし、
歩かなければと思うと苦痛に感じる場合もあります。

いつものお買い物を自転車から歩くに変える、
普段より遠いスーパーまで歩いてみる、
駅まで自転車を使わない、といったほんの少しの工夫で十分です。

調べていく中で重要だとわかったのは、フォームと速度でした。
重要だとわかったのは、 フォームと速度でした。

正しいフォームとテンポで歩くことが痩せ体質になる秘訣

ウォーキングをするときに意識してもらいたいのは、
手を大きく振ることと、歩幅をしっかり取ることです。

着地するときは足裏がきちんと地面に触れていることも大事。

足裏の一部分だけの着地だと、足の筋肉をしっかり使えていません。
太ももをしっかり上げて、自然に足が前に出るようにして歩きましょう。
これを実行するだけでも、ウォーキングのフォームが自然と整ってきます。

フォームがきれいになるということは、
ウォーキングでしっかり全身の筋肉が鍛えられているということにつながるのです。

時間ばかり気になると思いますが、
フォームをよく見直して、効果を上げる工夫をしてみてください。

痩せやすい時期ってあるもの?

毎日、少しずつでも取り組むことが大事です。

女性にはホルモンバランスの周期があります。
生理と連動して変化するもので、
それによって痩せにくい時期や痩せやすい時期というものがあります。

生理中は生理痛やだるさもあって動きにくいと感じることもあるため、
無理にウォーキングをしようと思わなくて大丈夫です。

特に力を入れたい時期は、生理後です。
特に力を入れたい時期は、 生理後です。

生理後はホルモンバランスも整い、
排卵に向けて体を作ろうとする時期に当たります。

この時期は心身ともに健やかだと感じる方も多いでしょう。

生理後から排卵に向けては、代謝能力も上がり、
短時間でもウォーキングの効果を得られやすくなります。

積極的に歩くようにして、脂肪燃焼につなげていきましょう。

目標にしたい歩数の目安は?

ゆっくりの速度でもいいので、1日8000歩を目安に歩いてみましょう。

フォームと大まかな歩数の目安を意識するだけで、
ダイエット効果ややがて現れます。

ウォーキングダイエットは緩やかですから、
すぐに効果が出ずに諦めてしまう方も多いものです。

しかし、すぐに痩せるというのはにわかに信じがたいことですよね。
そんな方法があるのなら、世の中からデブちゃんはいなくなります。

ウォーキングダイエットは、
3ヶ月とか、半年単位で考えて取り組む姿勢が重要なのです。
根気強く、着実に進めていくようにしてください。

それから、運動だけに頼らないこと。
ウォーキングでカロリーを消費したからと、
甘いものや脂質が多いものを食べては、体重は減ることがありません。

運動と食事は両立しながらやることが大切です。

まとめ

ここまでウォーキングの正しいやり方をご説明してきました。
ただ歩くというだけではウォーキングの適切な効果を得られることはできません。

大事なのは、フォームと歩幅を意識することです。

腕を大きく振るようにし、
着地は足裏全体でするようにしましょう。

歩き方を見直すだけでも、ウォーキングの成果を得られやすくなりますし、
同じ運動でも脂肪燃焼効果を上げることができます。

それから、毎日継続して取り組む根気強さも重要です。

すぐに結果が出ないからと諦めず、
半年くらいのスパンで痩せようと思って始めてください。
歩くことを続けていくだけで、痩せやすい体にはなっていきます。

女性はホルモンバランスの周期によって、
痩せやすい時期とそうではない時期があります。

生理中は気分も乗らないし、体が動きにくいこともあり、
ウォーキングどころではないという方も多いでしょう。

生理後は特に効果が得られやすいので、ぜひ実践してみてください。

ZUAC

739,776 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT