日焼けで赤くなった肌を回復するためのケア

日焼けで赤くなった肌を回復するためのケア
スキンケア

私もそうですが…
どちらかと言えば、肌色が白い人は、日焼けをすると、すぐの赤くなってしまいます。
酷い時は水ぶくれやただれたようになり、いわゆる火傷の状態になってしまいます。

いくら日やけを避けたくても、どうしても日やけしてしまうことは誰にもありますので
今回は、私なりの日焼け後のケアをご紹介したいと思います。

日焼けが気になったら早目に対処するようにしましょう!

日に焼けた肌はかなり熱を持っているので、
それをそのままにしておくと、体温も上がってしまいます。
そこで、まずは濡れたタオルや保冷剤をタオルに巻いたものを日焼けした場所に充てるようにします。

入浴できるときはしますが、日焼けした肌はダメージが大きいので、
なるべくお湯が当たらないように気をつけてます。
入浴後は水分が蒸発しやすいので、すぐに化粧水などで保湿を行います。

日やけは暖かい時期が多いので、化粧水もサッパリとした感触で使えるものが良いでしょう。
私の場合、その時々で違いますが、アロエやヘチマなどを原料にしたものが多いです。

就寝時も日焼けした場所を冷やしながら眠ります。
途中で濡れタオルだと温まってしまうので、再度濡らして利用。

最近は日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、
サングラスやツバの広い帽子などを被るので、以前ほどひどい日焼けになることは少なくなりましたが
それでも日差しがかなり強い日は、肌が日に焼けて赤くなってしまうことがあります。

日焼けしてしまった時は、とにかくすぐに対処をするようにしましょう。

肌の再生を促す工夫を行う

先日のことですが、急に暖かくなり、顔の日焼けがかなりひどくなってしまいました。
自分でも顔がヒリヒリしていたので、かなり焼けていると思いました。

入浴後に保湿クリームをたっぷりと付けましたが、それでもすぐに肌がカサカサする感覚がありました。
家族にも肌荒れがひどいことを指摘されてしまいました。

私の場合は日焼けで顔が赤くなっても、きちんとスキンケアを行えば、
翌日にはかなり状態が良くなり、赤みは消えています。

日焼けした肌は敏感肌になっているので、ちょっとした刺激でも大きなダメージを受けています。
その為、メイクは行わないようにし、肌に刺激の少ないスキンケア用品を使うようにしています。

私の場合、基本的には乾燥肌の時と同じようにケアを行っています。
使っているものはその時々で違いますが、今は医薬品の保湿クリームを使っています。

日焼けによる肌の赤みが取れたら、次は1日も早く、肌を健康な状態も戻すことが大切なので、
肌が早めに再生するためにも、ビタミンCやたんぱく質の摂取などを意識して行うようにしています。

日焼けはシミになりやすいので注意が必要。
シミ対策のためにも日ごろからビタミンCはかなり積極的に摂るようにしていましょう。

Yufuko

68,301 views

ついにやってきた40代。  年々ハリを失っていくお肌の調子を整えるべくエイジングケアに邁進中。 好きなものはおいしいご飯とお散歩。 読んだ人も一緒にきれいに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT