日焼けのあとのアフターケア方法

日焼けのあとのアフターケア方法
スキンケア

夏に海やアウトドアなどで外に出ると日焼けをしてしまいますよね。
私は肌が弱くスキントラブルが起きやすいので知り合いの看護師が教えてくれた肌ケアの方法を紹介します。

日焼けしてしまったら、まず冷やす!

私が行っていることはまずたくさん冷やします。
日焼けをした肌は軽いやけどをした状態になります。

火照った皮膚の炎症を抑えるために、シャワーや水風呂、冷たい濡れタオルで冷やします。
お風呂に入る時は入浴剤やせっけんは皮膚への刺激が強いですし、
何よりもしみるので使わないほうがベストですね。

あと流水で冷やすのがいいですけど毎日冷たいシャワーを浴びるわけにもいかないので
一日に数回アイスパックを数分あてるだけでもいいみたいです。

次にスキンケアです。ダメージを受けた肌はとても敏感になっています。

痒みや痛みがあったり、発疹や水ぶくれができてしまう場合もあります。
ですから私は敏感肌用の優しいスキンケア用品を使っています。

できるだけ刺激のあるものを避けるように角質除去、
アンチエイジングコスメ、ニキビ用品は使わないようにしています。

日焼け後のアフターケアとして肌の表皮には傷がついた状態になるので
生まれ変わるまで保湿クリームを塗り肌を保護しています。
おすすめなのはメンターム サンベアローズ アローバジェルです。

このクリームには日焼けにいいとされるアロエ配合のため、お肌のうるおい補給をしっかり行ってくれます。
またどこにでも売っていて、使いやすく持ってきやすいのでとても便利ですよ。

最後に水分補給です。ダメージを受けた肌は、普段より水分を失ってしまい乾燥の原因になります。
乾燥はシミやしわができやすくなりますし、様々な肌トラブルの原因になります。
ビタミンCを多く含んだ飲み物を飲んで水分を補給します。
ですからアルコールの類はできるだけ避けたいです。

このケア方法を続けた結果

私は20代の頃からこのスキンケアを徹底しています。
以前は日焼け後のケアなんて面倒と怠っていました。そのせいで肌はぼろぼろでトラブルが多かったと思います。

私は特に保湿と、水分補給に力を入れています。
保湿では顔だけではなくクリームは腕やデコルテ、足など全身に塗っています。

水分補給ではできるだけビタミンをとれるように、
特に柑橘系、トマトのジュースなどもこまめに飲むように意識しています。

このケアを行っているおかげか、他の同年代に比べてシミやしわが少なく、
実際の年齢より若く見られることが多くなったような気がします。

初めてあった方には「若く見えるね」など「いつも綺麗だね」
友人には「肌がきれいだからファンデーション使う必要ないね」と言われることが多いです。
化粧はしますが、そんなにたくさんはする必要がないのは日頃のケアの成果だと思っています。

女はいつもできれいでいたいものなので今後も続けていきたいと思いますし、
年齢や肌の質で違いは生じると思います。

試行錯誤して自分に合ったケアを行っていくのが大事だとは思いますが
夏だけではなく、紫外線はいつでもお肌の大敵なので
アウトドアや海などを思いっきり外での生活を楽しんでも、他の人よりきれいでいられるように
しっかりとスキンケアをしましょう。

Yufuko

68,308 views

ついにやってきた40代。  年々ハリを失っていくお肌の調子を整えるべくエイジングケアに邁進中。 好きなものはおいしいご飯とお散歩。 読んだ人も一緒にきれいに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT