日焼けをしてしまった後の誰でも出来るスキンケア

日焼けをしてしまった後の誰でも出来るスキンケア
スキンケア

用心していても、日焼けによって肌が赤くなってしまうこともあると思います。
日焼けをしてしまったら、その後のケアが大切となります。

皮膚の水分が失われますので、こまめな水分の補給が大切ですなのですが…
今回は誰にでも出来るとっておきのアフターケアを紹介します。

化粧水とニベアで日焼け後の対策ができる!

化粧水を日焼けをしてしまった皮膚にたっぷりつけるのですが、
市販の化粧水ではなく、手作りの化粧水で保湿するのがポイントです。

尿素とグリセリン、水道水を合わせた化粧水を肌が乾燥したと思ったときにこまめにつけることが大切です。

お風呂後には水分が失われていきますので、手作りの化粧水をたっぷりつけます。
一度だけではなく、肌に入らなくなるまでつけ続けて、
就寝前には日焼けをした部分にたっぷりのハンドクリームを塗ってラップなどをして休むと、
日焼けのヒリヒリなども落ち着き、赤くなった日焼けの部分が黒くならずにすみます。

ハンドクリームは、ニベアがおすすめです。
化粧水が入らなくなるまで肌にたっぷりとつけて、クリームを塗ると、それが蓋になり水分が逃げません。

ハンドクリームの美容成分で、日焼けによる肌の荒れなどを防止してくれますので、
日焼け後の対策としては簡単であり高価なものでもありませんので、誰でも取り入れることができると思います。

日焼け後のケアを続けると

日焼けをしてしまい、化粧水とニベアクリームのケアをしていると、
日焼けをしてカサカサで赤くなってしまった皮膚も、三日くらいすると回復してくれます。

手作りの化粧水は顔にもいいですし、余計なものは入っていませんので、
小さな子供さんの日焼けを対策としても効果的だと思います。

ニベアクリームも、小さなお子さんや妊婦のかたでも使えますので、
どちらも体に負担がかからないのがいいと思います。

妊娠中に日焼けをしてしまったり、子供さんが日焼けをしてしまったときの対策としても、
化粧水とハンドクリームのケアは効果的で、誰でも安心して取り入れることができるケアとなっています。

家族みんなで同じケアができるのはいいと思います。

日頃から、美容のケアには手作りの化粧水とニベアクリームを使用していると、
日焼けをしてしまって慌てて取り揃えることもありません。

ひどく日焼けをしてしまい、痛いときには、氷などで冷やした後に化粧水を使用すると、さらに効果的。

経済的にも肌にも優しい日焼け後のケアは黒くならないためにも、
ヒリヒリなどを軽減するためにも効果的ですのでで対策として頭の片隅に置いておくと、慌てずに対応できますよ。

Yufuko

68,308 views

ついにやってきた40代。  年々ハリを失っていくお肌の調子を整えるべくエイジングケアに邁進中。 好きなものはおいしいご飯とお散歩。 読んだ人も一緒にきれいに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT