生理中に眠気が起こる原因とは?対処法などをご紹介

生理中に眠気が起こる原因とは?対処法などをご紹介
メンタル

生理前に頭痛・吐き気・食欲不振・イライラ・眠気といった症状が起こるのを、
生理前症候群、つまりPMS症候群と呼びます。

生理前にさまざまな症状が起こるのは有名ですが、
生理中にも不快な症状に苦しめられることがあります。

中でも私が一番困っているのは、猛烈なる眠気です。
その眠気たるや、どんな解消法を持っても太刀打ちできないほど強力で、
我慢できないので参ります。

生理中は眠たくなって我慢できない、
何かいい対処法はないか、そんな方は本記事を参考にしてみてください。

生理中に起こる眠気はいつ起こることが多い?

生理中の眠気は、生理が最も辛い2日目ごろ、
しっかり寝た翌日でも、午前中に眠気が襲うケースが多いようです。

自分ではしっかり睡眠を取っていても、
実際にはよく眠れていないなど、睡眠の質も影響している場合があります。

なぜ眠気が起こるのか、そのメカニズムに迫ります。

生理中に眠気が起こる理由とは?

生理中に眠くなるのは、決して怠けているのが理由ではありません。

そもそも生理はだるくて辛いもの。
加えて、基礎体温が上昇し、体がポカポカしています。
それが起因し、睡眠の質を落としているのです。

ぐっすり寝ているつもりでも、体はしっかり休めていない、浅い睡眠が続いています。

そのため、翌朝目覚めても、
何だか体がだるくて辛いという症状が残ってしまうのです。

もう1つの原因は、ホルモンの働きによるものが関連しています。
女性には2つのホルモンがあります。

1つは排卵を誘発するために働くエストロゲン(卵胞ホルモン)、
もう1つは基礎体温を上昇させて子宮内膜を厚くするプロゲステロン(黄体ホルモン)です。
生理中の眠気に影響するのは、後者のプロゲステロンです。

その眠気は、睡眠薬を服用したのと同じくらいというほど強いため、
我慢できなくて当然ですよね。

理由がわかれば、なんとなく自分が怠けているという罪悪感から脱出できると思います。

更にもう1つ考えられる理由は、
生理によって血糖値を下げるインシュリンの作用が弱まるため、
脳内が低血糖になることがあるという説もあります。

低血糖により、頭がぼーっとした状態になって、
思考能力の低下や眠気を誘発するのではないかとされているのです。

生理中の眠気にはどう対処すればいい?

生理中の眠気に対処するためには、しっかり睡眠を取ることが大切です。

睡眠は美しい体作りに欠かせない要素ですから、
肌荒れ防止などの観点から考えても、睡眠環境の見直しは優先したいものです。

睡眠の質を低下させる要因の1つとして、
眠る前にスマホやパソコンを観ていることが挙げられます。

スマホやパソコンからはブルーライトが発せられ、
それがメラトニンの分泌を阻害することにより、睡眠の質が悪くなるのです。

なるべく眠る数時間前は観ないようにし、心がリラックスできるような音楽をかけたり、
体が入眠状態に入りやすいように間接照明に切り替えたりしてください。
体が入眠状態に入りやすいように間接照明に切り替えたりしてください。

ホルモンのバランスを調整することはできませんが、
日常生活の習慣から見直しを行い、体がしっかり休める環境を作る努力を行うことは十分可能です。

就寝前の入浴もおすすめです。

湯船にゆったり浸かり、体温がゆっくり下がっていくタイミングを狙って床につけば、
自然と睡眠に入りやすくなります。

生理中に眠気があるときにやってはいけないこととは?

既述したとおり、睡眠の質を上げる取り組みが、生理中の眠気対策には有効です。

そのため、眠りが浅くなりやすいカフェインやアルコールの摂取は控えるようにしましょう。
貧血や低血糖を招くような食生活の乱れも改善しなければなりません。

低血糖を回避する手段は?

ホルモンバランスを変化させて眠気をどうにかすることはできなくても、
低血糖による脳の判断力低下を予防することはできます。

血糖値を上げるため、
炭水化物を食べるのは食物繊維を食べた後にするか、量を控えるようにしてください。

また、生理中は貧血を起こして頭がぼんやりしてしまう方が多いものです。
貧血を甘く見ていると、さまざまな弊害を招くため、
気になる症状が出たらすぐに対処するようにしましょう。

鉄分を多く含む食品、たとえば、ほうれん草・レバー・ひじき・小松菜などがあります。

生理中は経血が排出されるため、必然的に鉄分不足に陥るので、
意識して多く摂取するように心がけてください。

まとめ

生理中の眠気は、我慢できないほどの強烈なもので、
仕事中に居眠りしてしまうなどの問題も出てきます。

多くの場合、睡眠の質が下がることが原因となっているため、
入眠前に工夫をし、しっかり体を休めることができるような取り組みが大切です。

また、生理中はどうしても調子が悪いという方は、
生理休暇をうまく活用する方法もおすすめです。

男性には理解できない悩みですが、
女性は一生ホルモンバランスの変化による影響を受け続けるため、
自分なりにその変化を受け止め、上手に付き合っていくことがポイントになります。

睡眠の質が上がれば、生理中の肌荒れなども防ぐことができ、
美容面と健康面で回復が見込めて一石二鳥です。

生理中の眠気に関する悩みがある方は、ぜひ参考にして解消につなげてみてください。

ZUAC

736,776 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT