生理前に食欲が増すのはなぜ?原因と対処法をご紹介

生理前に食欲が増すのはなぜ?原因と対処法をご紹介
食事

女性なら毎月やってくる生理。
ただでさえ憂鬱な時間なのに、苦しい症状に悩まされることが多いものです。
生理に付随する症状は人それぞれ異なります。

生理痛はもちろん、イライラ・肌荒れ・むくみ・だるさなど、
体の変調はストレスになることが多いものです。

多くの女性が感じるのは、生理前の食欲増進でしょう。
なぜか、生理前になると無性に食べたくなる。

過食を止められない、つい食べ過ぎてしまうなど、
迂闊に食べてしまうと体重増加につながるため、この症状にはちょっと注意が必要です。

1ヶ月の中で、女性の体は大きく変動します。
それは、ホルモンバランスの変化が関連しているからです。

女性の体には卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、それが交互に作用し合って生理周期を左右しています。
食欲増進が起こるのも、このホルモンバランスが影響しているからです。



食欲増進を起こすホルモンとは?

卵胞ホルモンは、生理後に優位に働くホルモンで、排卵期まで活発に活動します。
一方、黄体ホルモンは排卵期以降に活発化し、生理前まで続きます。

生理前にさまざまな不調を起こすのは、この黄体ホルモンが影響しているためです。

食欲増進を起こすのも黄体ホルモンで、
情緒不安定になったり、イライラから過食になったりします。

しかし、気をつけたいのは、生理前は太りやすい時期であること。
普段より脂肪がつきやすいので、思うままに食べてしまうと肥満になる恐れがあるのです。

生理前の過食をどうすれば防ぐことができるのか?

過食といっても、嗜好は人それぞれ。
辛いものが無性に食べたくなる人、しょっぱいものを好む人、
甘いものがとにかく欲しい人、その表れ方には違いがあります。

生理前にいつもと違うなと思ったら、ちょっと冷静になって分析してみるといいかもしれません。
それがわかるようになると、「あ、もうすぐ生理だ」って気づくようになります。

とはいえ、生理前は太りやすい時期なので、過食に任せて食べては危険です。
すぐに体重が2~3キロ増えてしまうでしょう。

過食を防ぐには食べ過ぎないことが大切ですが、我慢するのはなかなか難しいと思います。

以下のポイントをチェックしてみてください。

空腹時は甘いものを食べない
糖質を食べるときは食物繊維から先に食べる
おやつを食べた分だけ主食を減らす
食事を少なめにして食事の回数を増やす

これだけでも随分解消します。
特に、空腹時の糖分摂取は避けるべきです。
血糖値が急上昇してしまい、太りやすい体質に変わってしまう危険性があるからです。

精神的不安も食欲に影響する

生理前や生理中は、誰でも精神的な不安を抱えるものです。

いつもと同じことでも妙にイライラしたり、満たされていない感覚を抱いたり、
自分のことが嫌になったり、そうした不安定な自分を、食欲でカバーしようとするのも原因になっています。

過食症や拒食症も同じことが言えますよね。
メンタルが不安定だから、それを忘れたいがために食べて吐いてしまう。

心と食はつながる部分が大きいのだと思います。心の隙間を埋め合わせしようとするのですよね。
ただ、食べて満足できるのは一瞬で、空腹になればまた不安とイライラが襲ってきます。

あまりにも症状がひどいときは、PMSの治療を受けるのも1つの方法です。
困ったときは婦人科で相談しましょう。

まとめ

生理前には普段とは違う症状が起こり、心と体のバランスが崩れやすくなります。

特に、食欲が増進して困るという症状は、我慢できなくて辛いですよね。

生理前は太りやすい時期なので、
食べ方や食事の回数などを工夫し、肥満につながらないように注意しましょう。

空腹時に甘いものを食べるのは危険です。

食べたい気持ちを我慢することで、余計なストレスを感じ、
PMSの症状がひどくなることもあれば、負の感情が増してしまうことがあります。

上手に食欲と付き合っていきましょう。

ZUAC

716,354 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT