美容だけじゃない!生活習慣病回避に役立つ食材3選

美容だけじゃない!生活習慣病回避に役立つ食材3選
食事

食生活は、美容だけでなく健康にも通じるものです。

医食同源という言葉がある通り、
健康を形作る土台として食事を見直すことが、いつまでも元気で美容を楽しむ秘訣となります。
体の内側にある毒素や汚れは肌質にも如実に現れるものです。

分かりやすい例えを挙げるなら
便秘がちだと肌荒れが起こりやすく顔色も悪くなります。

また、排尿に問題がある場合、
腎臓機能が衰え、むくみが起こりやすくなるものです。
肌の美しさを追求したいなら、まずは体を健康な状態に導くことから意識しましょう。

今回は生活習慣病回避にもつながる、おすすめ食材を3つご紹介します。

美容だけじゃない!生活習慣病回避に役立つ食材3位

便秘解消など整腸作用がある食材は、
内臓の健康を生み出し、体内の老廃物を排除してくれるのでおすすめです。
便秘がちな人・下痢が頻繁に起こる人、どちらも食物繊維をバランスよく摂るようにしてください。

ヨーグルトは整腸作用が確かにあります。
私も頻繁に食べていますが、脂質や糖質が気になることが多く、
乳製品とあって満腹になってしまい、ほかのものが入らなくなるデメリットもあるのです。

そこで、食事のメニューに食物繊維が多く含まれるものを加え、
デザートに頼らないようにしてみる方法を考えてみましょう。

・ひじき
・わかめ
・ごぼう
・ほうれん草
・人参
・ブロッコリー

上記はあくまでも一例ですが、
この6つだけでもいろんなメニューにアレンジすることができますよね。

カルシウムと食物繊維が同時に取れる、切り干し大根も使いやすく、
保存が効く食材なので、常にストックしておくと便利ですよ。

食物繊維は、糖質・脂質の吸収を抑制してくれるため肥満防止にも役立ちます。

いつまでもスタイルを維持したいという方は、
果糖の多い果物ではなく、和菜に目を向けるといいでしょう。

美容だけじゃない!生活習慣病回避に役立つ食材2位

しょうゆや味噌は、塩分が高く、
味付けが濃くなってしまうので、ごはんを食べる量も増えてしまいます。
日本の伝統的な調味料でありながら、昨今では減塩の風潮が高まっているのです。
減塩商品も増えてきていますが、その美味しさは微妙に感じる部分も少なくありません。

そこで活用したい食材が、出汁です。

出汁は天然のもので取るのが理想ですが、
毎日手間暇かけるのはとても難しく、続けていけずに挫折してしまうケースが多いでしょう。
無理せず、市販の出汁を使う方法で構いません。

出汁を多めに使うことで、しょうゆや味噌を使う量を減らすことができ、
減塩につながるだけでなく、食材の味がより一層生きてくるのです。

塩分の過剰摂取は、高血圧や肌荒れを招きます。
排尿トラブルなどがある場合も、減塩を意識した生活をしてみましょう。
薬より食事、これが健康への近道です。

出汁にはいろんな種類がありますが、
昆布や煮干しより、カツオ出汁のほうがしっかり香りがつく気がします。
好みやメニューに合わせ、使い分けてみてくださいね。

美容だけじゃない!生活習慣病回避に役立つ食材1位

日本の食生活は、どんどん欧米化が進んでいます。
ファストフードやコンビニ弁当は便利ですが、肉類が多くなってしまうのが難点です。
肉類はタンパク質として人間には必要ですが、食べ過ぎると血液がドロドロになる可能性があります。

肉類は脂質が多いため、脂肪が蓄積しやすい中年以降は、
意識して肉類より魚を摂るようにしましょう。

アラフォー世代は、それ以前まで気にならなかった中性脂肪やコレステロールなど、
血液検査にも変化が見られることがあると思います。
若い時期と同じ食生活を送っていては、美容どころか動脈硬化なども招いてしまう恐れがあるのです。

魚にはたくさんの栄養素が凝縮されており、DHA・EPA・不飽和脂肪酸・カルシウムなど、
体の内面を潤してくれるものを摂ることができるのが魅力でしょう。

不飽和脂肪酸は、中性脂肪やコレステロールの上昇を抑制する作用があり、
髪や肌に適度な輝きをもたらす成分です。

長生きする人は、肉類を食べていることが多いとメディアで取り上げられることもあり、
そうした健康神話が生まれていくことも珍しくありません。

しかし、一般的な健康理論から考えるなら、
やはり中高年に差し掛かる頃には肉類より魚を多めにした食事に少しずつ変えてくことが大切です。

アラフォー世代は、いかにヘルシーかつバランスの取れた食事を取るかで、
その10年後の健康や美しさにつながると考えるべきです。
エイジングケアはそのときだけを見て行うものではなく、先を見据えて行うべきもの。

スキンケアで表面の美しさを取り繕うのも大切ですが、体の内側から健やかになることを意識してくださいね。
体の内側から健やかになることを意識してくださいね。

まとめ

今回は、美容や生活習慣病回避につながる食材について触れました。
スキンケアやヘアケアも美を追求するためには必要です。
しかし健康面で不安を抱えたままでは、その美しさを維持するのが難しくなってしまいます。

アラフォー世代になると、美容に一層コストと時間をかけたくなりますが、
まずは食事をしっかり見直してください。

低カロリーなダイエットメニューより、
整腸作用やタンパク質源などを踏まえ質を重視するようにしましょう。
ご紹介した3つの食材や栄養素だけにとらわれず、バランスや量も大切です。

食べ過ぎや拒食はもちろん避け腹8分目で満足できるように、
少しずつ改善していけるよう努力しましょう。

ZUAC

740,249 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT