老化防止・美肌対策など多彩なるアーモンドの効果!

老化防止・美肌対策など多彩なるアーモンドの効果!
食事

ハリウッドセレブやタレントなどの間でも話題になっているアーモンドの効果。

実際、アーモンド効果という乳飲料が発売され、
その健康への貢献度が広く知られるようになってきました。

私は乳飲料は飲みませんが、
素焼きのアーモンドを食べています。

目安は毎日20粒。

食べる時間に決まりはないそうですが、
私の日課は朝食後のデザートとして食べることです。

ぽりぽり食べて、しっかり噛む。

噛むことは脳を刺激して、脳を活性化する働きがあるので、
それだけでも十分な健康効果が期待できます。
アーモンドの栄養素に触れて行きましょう。

栄養がぎゅっと詰まった小さな粒

アーモンドの粒は小さいですが、驚くべき栄養素が詰まっています。

・ビタミンE ・ビタミンB群 ・ビタミンA ・食物繊維 ・オレイン酸
・カルシウム ・マグネシウム ・カリウム ・マンガン ・鉄
・リン ・タンパク質 ・ナイアシン ・ナトリウム ・葉酸
・パントテン酸 ・銅 ・亜鉛 ・糖質 ・脂質

ざっと並べただけでもこんなに! すごいですよね、アーモンドって。

ただし、後半に記載がある通り、
脂質や糖質も入っているので、食べ過ぎには注意が必要です。

ビタミンEが老化防止や美容にも効果がある

特筆すべきは、ビタミンEによる健康や美容への効果です。
特筆すべきは、 ビタミンEによる健康や美容への効果です。

ビタミンEは抗酸化作用があることで知られていますが、
お肌や体内の老化を防ぎ、若々しい身体へと導いてくれる栄養素です。

オレイン酸については、
ゴマの1.8倍も含まれていますし、食物繊維も豊富です。

レタスの9倍もの食物繊維を含有しているため、
お肌やお通じにも効果があることがわかります。

ビタミンEは若返りのビタミンという別名を持ち、
活性酸素の増殖や酸化を抑制して、
血管内を健康な状態にする働きがあるのです。

紫外線による肌のダメージを防ぎ、女性ホルモンの正常な働きを促す、
冷え性の改善など、女性にとって嬉しい作用がいっぱいです。

アーモンドの食べ方はしっかり把握しておこう

健康や美容にいいアーモンドですが、
何でも食べ過ぎや偏りは良くないものです。

適量は、一日25粒以内とされています。

過度の摂取は体調不良を招くため、
限度を守って食べるようにしてください。

食べる時間帯にも制限はありませんが、
肥満防止の観点からも、就寝前は避けるべきでしょう。

ナッツなのにダイエット向きな食材

アーモンドを始め、
ナッツ類は太るというイメージが強いですよね。

脂質や糖質が含まれているため、
過剰摂取は確かに太ります。

しかし、適量を続けて食べることで、
脂質の代謝を促す作用が期待できるため、
ダイエットにも適していることがわかっています。

また、食物繊維が豊富なため、便通改善効果があります。

便秘で悩んでいる方や、
ダイエット中で便の出が悪くなってしまったという方にはおすすめですね。

まとめ

さて、アーモンドの効果をここまでお伝えしてきました。

アーモンドは今注目の食材です。
料理に応用することもできますし、
そのままぽりぽり食べるのも楽しいでしょう。

小さな粒にぎゅっと栄養素が詰まっていて、
美味しくて体にもいいのも嬉しいところ。

ただし、脂質や糖質が含まれているので、
食べ過ぎには注意してください。

1日25粒までが目安です。
摂取量を守り、美容や健康に役立ててください。

可能なら、無塩の素焼きアーモンドがいいでしょう。
素焼きならアーモンドの味をしっかり噛みしめて味わうことができます。

塩分の摂り過ぎも避けることができます。

ビタミンEは万能な栄養素。お肌のダメージを防ぎ、
女性ホルモンの働きを助けるなど、嬉しい作用がたくさんあります。
食物繊維が豊富なので、便秘で悩んでいる方にもおすすめです。

日々の生活に取り入れ、アーモンドの効果を感じてみてください。

ZUAC

740,246 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT