若さを保つエイジングケアにはやっぱり運動から!

中高年からでも体は変えられる
運動・マッサージ

中年を過ぎて、お肌よりも、お腹周りが気になるようになってきました。

自宅でできる簡単なトレーニングは、種目を変え、昔から行ってきました。
ヨガ、ダンベル、ストレッチと、続ければどれもそれなりに効果はありました。

しかし、若さを保つためにも、しっかりした運動を取り入れる必要があると思い、
筋肉を鍛える体幹トレーニングをエイジングケアとして始めることにしました。

参考にしたのはYoutubeで見つけた実業団陸上部のトレーニング

ジョギングを始めた頃でもあったので、そちらの面でも、走りがぶれないよう、
体力が維持できるように、お腹周りの筋肉を鍛える必要がありました。

参考にしたのは、Youtubeなど動画サイトにある実業団陸上部のトレーニング プログラムでした。
厳しそうに見えますが、実際にこなしてみると、回数を減らす ことで、続けられそうでした。

主に腹直筋と腹斜筋を鍛える腹筋メニューを、できそうな回数からスタートしました。
10分くらいの無理のないメニューにしたので、わりと簡単に続けることができました。

ジョギングもしていたので、腹筋メニューは1日おきに行っていました。

1年半ほど続けてみて、体重は、増えはしないけど減りもしない、お腹周りは、
太りはしないけどくびれてもこない、つまり、現状維持ができる程度でした。

自分にあった負荷の運動を続けること

スタート時の筋トレメニューを1年半ほど続けた頃に、もう少し結果が欲しくなり、 負荷を上げてみることにしました。
それまでの3倍ほどの負荷に上げ、時間にしたら 20分ほどのメニューに変えました。

内容はほぼ変わっていませんが、メディシンボール という
3Kgの重さのあるトレーニング用ボールを購入したので、
ボールを持ったまま、左右にねじる ツィストを運動メニューに取り入れました。これは30回からスタートしました。

これらのメニューを1日おきに始めてから3か月ほどで、ウェスト周りが細くなってきました。
半年が過ぎる頃には、20代のころのパンツサイズ、XSが入るようになりました。

変化が出てくると、モチベーションも上がり、続けることが楽しくなります。
同時に、止めると 不安なこともあり、ずっと続けています。

毎日行うことも、苦ではないメニューと時間なのですが、
体感トレーニングは、体が慣れてしまわないように、間隔をあけた方がいいというようなことを 聞いたので、
1日はあけることを自分なりのルールとしています。

鏡でお腹を見ると、わずかですが、腹筋線も 確認できて
中高年になっても、運動すれば、しっかりと体は変えられる、ということを実感しています。

筋肉がついたおかげか、食事の量はそれほど変わらないのに、体重がピーク時から5Kg減りました。
体も軽く、調子も良く、若さを保つためのケアとしてボディケアも必要と感じています。

Yufuko

68,826 views

ついにやってきた40代。  年々ハリを失っていくお肌の調子を整えるべくエイジングケアに邁進中。 好きなものはおいしいご飯とお散歩。 読んだ人も一緒にきれいに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT