運動音痴でもできるダイエット方法はウォーキング

運動音痴でもできるダイエット方法はウォーキング
運動・マッサージ

私は運動が大の苦手で走るのなんて考えられない。

しかし、肥満にはなりたくないし、むしろ細身で体型維持している人でありたい。
そんな私が一世一代の決意をして始めたのがウォーキングです。

きっかけは下半身やお腹周りに肉がついてきたこと。

仕事で長年お付き合いのある人とお話ししていて、
健康のために何をしているか聞いたところ、「とにかく歩く」と。

よく聞く話ですが、一駅前で降りて歩いてみるとか、
自転車を使わずに歩いてみるとか、ちょっとした歩く動作を日常に取り入れているそうです。

だから歩くことから始めたらいいよ、
一日8000歩からスタートするといいよ、そんな言葉をいただいたんですね。

歩くきっかけを作ったのはママ友の姿

よし、歩いてみようとすぐにはならなかったのですが、
ちょっと試しに歩いてみたら、なんとママ友がランニングしているのに遭遇。

決して運動なぞしなそうなママ友だったので、非常に衝撃を受けました。

このママ友がやっているのに、
私がやらないなんて……ちょっと負けたような感情が生まれ、俄然やる気になる私。

負けてられないですよ、ここで運動するかしないかで、
将来の体型に差が出るかもしれないのですから。

というわけで、ひたすら歩くという日々がスタートしました。

多い時で10000歩、少ない時で6000歩、なるべく保育園の送迎も歩き。

日常生活の自転車をやめ、スーパーへの買出しも歩き。
結構歩数を稼げるんですよね。速度を上げれば、運動効果も上がるし。

ウォーキングはどのくらいやればいい?

ウォーキングは有酸素運動なので、
1回で20分は歩き続けなければなりません。

20分が経過した頃から脂肪が燃焼し始めるからです。
速度は疲労や自分の体調と相談しながら変えればいいと思います。

スマホには歩数計やキロ数が計算できる、
ヘルスケアアプリが搭載されていますから、上手に活用するといいでしょう。

消費カロリーは比較的少なめですが、
ウォーキングそのものは足を中心に下半身を強化し、全身運動につながるものです。

今まで使わなかった筋肉が鍛えられ、
引き締まった体にしてくれる効果があります。

何より続けることが大切です。

だんだん快感になってくるウォーキングの魅力

運動が苦手と伝えましたが、ヘルスケアで歩数を眺めていると、
「こんなに今日は歩けたんだ!」と嬉しくなります。

ジムに行かなくても、
歩くだけで十分な効果が得られるし、何より数字が励みになります。

それだけでモチベーションが上がりますよね。

運動のためにがっつり時間を割くことは、
社会人なら難しいことも多いものです。

ジムはお金がかかるだけじゃなく行くこと自体が面倒になってしまい、
結果的にお金だけを支払って行かないという、負のループを生むことがあります。

歩くならお金もいらないし、
自分の体とフィットする靴さえあれば、いつでも可能だというのが魅力でしょう。

ウォーキング初心者に適した靴は?

メーカーより大事なのは試着した時のフィット感です。
靴屋さんで試着したら店内をうろうろ歩いてみてください。

私が選んだのはナイキ ダウンシフター7です。人気のあるレッドカラー。
ナイキ ダウンシフター7です。

足元を赤でバッチリ決めると不思議と歩く時の気分も上がるんです。
ナイキは細めなのでワンサイズ上を選ぶようにしましょう。

ネットで購入するときは、試着できないので注意が必要です。
店頭で試着し、同じモデルをネットで購入するという流れが安全でしょう。

好きな色、好きなデザイン、靴選びだけでも楽しいですよね。

ウォーキングシューズは、ランニングシューズでも大丈夫です。
ソールが柔らか過ぎてもいけない。
ソールが柔らか過ぎてもいけない。

まとめ

健康と美容に効果があるウォーキング、運動大嫌いな私がついに始めました。

歩いてみると意外と気持ちいい。歩数計を見てはニンマリ。

結構歩いたなという日は、
すごく嬉しくなって、モチベーションが上がります。

朝日を浴びながらのウォーキングは、
セロトニンの生成にも繋がって脳内を刺激してくれます。

心身ともに好影響を与えるでしょう。

ウォーキングをする時は、自分の足に合う靴を選ぶこと。
必ずフィッティングをしてフィット感や歩きやすさを確認してください。

1回のウォーキングは20分以上継続することが大事。
20分歩くと脂肪燃焼効果が期待できます。

歩くのはお金もいらないし、体一つでいつでもできるのが魅力。
数字を見ると俄然やる気も出るし、もっと頑張ろうという気持ちになります。

運動音痴だからと諦めている方にも、ぜひ始めていただきたい健康法です。

ZUAC

736,776 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT