40代が輝くスタイルとは?セクシーと美しさの違い

40代が輝くスタイルとは?セクシーと美しさの違い
ライフスタイル

40代になると、ファッションに生活が現れやすくなります。
育児や家事で忙しい人はズボラになってしまうし、
ルーズなスタイルのファッションばかりで、体型まで緩んできてしまう。

一方、フルタイムで働く女性の場合、
スーツなどパリッとしたファッションをする時間が長いため、
体は引き締まるものの、足はヒールで傷んでしまうなどの問題があります。

また、40代は若さだけで何とかなる!という時期をすぎてしまているので、
どうしてもプラスアルファの要素を加えたくなるものです。

ちょっと余裕のある方だと、色気を醸し出したくて、肌の露出を多めにしたり、
胸元を強調したりと、男性から視線を集めようと努力しますよね。

私もファッションについてはいろいろ悩み、まだ結論には達していないものの、
男性と接する機会も少しはあるほうなので、40代がより輝くスタイルについて考えてみました。

多くの人が勘違いをしている女性の魅力とは?

男性目線と女性目線では、美の定義が異なると思います。

女性の場合、肌の露出=セクシーと思ってしまいがちですが、
それは一時的に性的な魅力を放っているだけにすぎません。

セクシーと美しさは違うものであり、
40代まで年齢を重ねてきた方こそ、真の美しさを意識すべきなのです。
加齢とともに若い頃とは体型も違ってきますし、どうしても努力だけでは維持できないという問題もあります。

色香が漂う美しさは、肌の露出だけでは補うことができないのです。
異性との出会いを求め、女性としての魅力をアピールしたいのなら、
こうした勘違いを正すことが大切だと思います。

セクシーは一夜を共に過ごしたい女性のことを指す

セクシーとは、性的魅力を放つ人を表現する言葉です。

もちろん、セクシーという表現に悪いイメージを抱く女性は少ないと思いますが、
一夜をともにしたいと感じさせる表現なので、決して褒め言葉ではないということを理解したほうがいいでしょう。

甘美・官能的・性欲を掻き立てる、男性の心を一瞬だけ引き寄せる女性のことを指します。

主に、メイクや露出度の高いファッションで異性を引きつけ、
内面までしっかり見てもらえないというデメリットがあることも念頭に置いておくべきでしょう。
デメリットがあることも念頭に置いておくべき

美しさを感じさせる女性は寄り添ってもらいたいと思わせることができる

セクシーと美しさは、意味を深く知らないと同義語に捉えてしまう方もいます。

美しさは内面から滲み出るものであり、露出が多いファッションなども必要とせず、
ありのままの自分で十分な魅力を相手に伝えることができます。

話し方・自分らしいファッション・仕草など、
40代になると、若い頃と違って気品や年齢を重ねることで生まれる魅力があるのです。

他人を思いやりつつ、自分の主張もしっかり持っている。健康美を兼ね備え、心の癒しとなる存在です。
そんな魅力溢れる女性は、自分に似合うスタイルも理解しているものです。
もしくは、自然とそうしたスタイルを取り入れるようにしているのでしょう。

だからこそ魅惑的に映り、男性は寄り添ってもらいたいと感じるのです。
恋愛が続かないという女性は、セクシーと美しさを履き違えている可能性があるのでしょう。

美しさがある女性は、年齢など関係ない。
自分を理解しているからこそ、あえてセクシーさをアピールすることがないのです。
あえてセクシーさをアピールすることがないのです。

セクシーよりも美しさを意識すれば、魅力はより増していく

恋愛でも婚活でも、セクシーさをアピールして失敗した経験を持つ人は一定数いると思います。
40代と名乗れば、それだけで男性の恋愛対象から外されてしまうことがあるのも事実です。

しかし、美しさを意識すれば、年齢に関係なく出会ったばかりの男性や同僚の仲間からも、
一目置かれる存在になれることは間違いないでしょう。

この2つの違いをしっかり理解し、
自分の個性を尊重しつつ、年齢に合った美しさを保てるように努力したいものですね。
普段から仕草やファッションなどを研究してみてください。

まとめ

今回は、セクシーと美しさの違いをご紹介しました。

セクシーと美しさは、大きく違いがあります。
勘違いしている方が多く、ここぞというシーンで失敗してしまったという苦い経験を持つ方も珍しくありません。

自分の年齢を認識し、輝くスタイルを築いていってください。

 

ZUAC

739,776 views

エイジングケアに燃えるズボラな40代女性。 子育てに追われながら、女性らしさを失わないよう 「できる限りで頑張る」をモットーに美活をすすめている。 美容・コ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

年齢に逆らわず綺麗に歳を重ねる。
背伸びせずに自分なりのエイジングケアを
少しずつ書き残していきます。
ABOUT